自己中心的なわたしの同期

先日の台風21号が来た時の話しです。私は、現在柏に住んでいますが今回の台風は柏直撃。看護師をしておりその日は夜勤でした。午後には雨風も強く窓越しに外を覗くとプラスチックやらどっかの屋根やら色んな物が飛んでいてとても外には出られない状況でした。もしかしたら遅れるかもしれないと思い病院に電話しました。出たのが同期(以下Aとする)であり事情を説明すると「先輩も何人か休んでるのに夜勤まで来んかったらかえられやん、きて。」と言われました。思うところは色々ありましたが、家を早めに出てなんとか間に合いました(信号機は潰れ、トラックも横転していましたが)。他の看護師は大丈夫だった?と心配してくれましたが、Aは「連絡したくせに来れたやん」と嫌味。適当に返事をしたらそれがムカついたのか中々引き継ぎをしてくれません。痺れを切らし、引き継ぎして欲しいと言うと休憩室でお菓子を食べながら「それ今必要?」と返してきました。呆れたわたしは後でいいと言いその場を去りました。その後、申し送りを貰い業務を行っていると遠くからAの声が。「台風の影響で明日来れないかもしれない 」と先輩に言っていたのです。その後、わたしにどこに泊まろうかなと言いながら帰って行きました。翌日、案の定そのAは休みました。本当に気の悪い夜勤でしたが、そのまま帰って寝ました。起きたときにInstagramのストーリーをみたのですが、なんと同じ病院の子の家に遊びにいってたのです。因みにその子の家はチャリで10分くらいです。もう、呆れたのも通り越しました。翌日、休みだったのですが同じ病棟の友人のより電話が掛かってきました。その友人も台風の影響で家の窓にアンテナが突き刺さっておりその工事のため午前のみで帰る予定となっていました。電話の内容が「今日工事があるからって、師長さんが午前勤務にしてくれたのに、Aがなんで午前なおかしいやろ」と言ってきたとう内容でした。友人も昨日のInstagramを見ており怒りが収まらない様子。わたしも怒りがこみ上げてきました。Aは休んだのに他の人がこうだと文句を言う言動が全く理解出来ません。ただの自己中ですね全く。一緒にトイレリフォームもしたそうです。https://peraichi.com/landing_pages/view/toiletreformkashiwa

簡単には言わないでー!!もっとよく考えてー!!

私がどうしても理解できない他人の言動は
旦那さんとケンカして、すぐに
「離婚する!!」って言う人です。
離婚する。って意味分かってるのかなぁ。って
思っちゃいます。
その人から「離婚する!」「引越する!」って
子供もたくさん居て幸せじゃないですかー。
幼稚園の子供もスマイルゼミやってぜいたくですよー

https://peraichi.com/landing_pages/view/smilezemiyouji

それをちょっとぐらいケンカして
ちょっとぐらい帰りが遅くなって
そんなんで言ってたら、キリがありません。
人生長いです。
私もそんな時期がありました。
皆さん、そんな時期があるかと思います。
若く結婚すると今まで以上に違った生活になります。
だってだって…他人様と結婚するんだもの。
そりゃ、考え方も違うし生活習慣も違うのは当然ですよね。
でも怒るのもストレスなんですよ。
疲れるんです。
若い時と違ってパワーがないんですよねー。
悲しいことに…
まさか自分がこんなにパワーが無くなるなんて
昔は思ってもみませんでしたけど
現実はこうなんですよね。
幸い、私達は幸せに生活させていただいています。
波あり谷ありの生活を乗り越えて
頑張って毎日毎日を過ごしています。

そんな中で簡単にそう言うふうに言う人は
どうなんでしょうかね。
「離婚はいつでもできる!!」って思ってたほうが
案外、上手にできるのかなー。
離婚しなければいけない人もいるし
そんな人は凄くしっかり家計を立ててる人、尊敬します。
私には、絶対にマネは出来ません。
旦那様に甘えるばかりです。
でも、これで家族が幸せなら、いいんです。
だから、その人も簡単に「離婚する!」って
言わないでほしいです。
外部から見てて、幸せですよ。

一緒に入部した女の子の唖然とする言動

私が中学生の時のエピソードです。部活動は吹奏楽部に入っていました。幼なじみで友達の女の子と一緒に入部し、その子も私もトランペットを吹いていました。放課後はもちろん、土曜日も部活があり、土曜日も学校へ行って練習をしていました。コンクールが近いということもあり、金賞を狙うためみんなが猛練習をし、一人でも頑張らない人がいるとみんなの足を引っ張り金賞は貰えないので1分でもおおく練習に打ち込みました。家に楽器を持って帰ったり、自分の楽器を購入したりして家でも練習するくらいです。そんなコンクール目前に控えたある日、台風が来るかもしれないとニュースが流れました。当時は携帯電話もあまり普及しておりませんでした。暴風警報がでると学校へ行けなく、部活動はできないので自宅の固定電話での連絡網で連絡を取り合う形でした。
私は先輩から電話があり、私は一緒に入部した女の子に連絡をする役目でした。
暴風警報が発令され、先輩から「今日は部活は休みだから次の子に連絡しておいてね」と電話があり、私は一緒に入部した女の子に電話連絡しました。
すると「どちら様でしょうか」とその子のお母さんが電話にでました。「○○です。」と言うと、声色が低くなり「ああ。」と言ったあと電話口から小さな声で「私は先輩から電話が欲しいの。電話、断っておいて」と聞こえて、お母さんから「○○はいません」とガシャっと電話を切られました。仕方なく次の次の子に連絡をいれました。
次の日一緒に入部した子が「私だけ連絡がなかった」と泣きだしました。「えー?出たくないみたいなことがちらっと聞こえたんだけど」って言うと、「○○ちゃんは友達だけど、先輩のほうが信用できるし好きだから」と言われて空いた口が塞がりませんでした。その場にいたみんな唖然としていました。今日部活無いよって連絡ごときで人を選ぶな!と心の中で叫びました。
次の日の練習は嵐がライブでやっている曲を吹きました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/arashilive

スポーツは楽しいものなのかな?

私はどうしてもスポーツを観戦して盛り上がっている人の言動がどうしても理解に苦しみます。
なぜかというと、私個人がスポーツというものが見るのも実際にやって見るのも苦手だからです。
正直テレビでやっていると早く終わって欲しいとか見ること自体面倒くさいと思ってしまうので二階の部屋にこもって仕事や自分の好きなことに没頭しています。
それに、スポーツは翌日の朝のニュースやもっと言えばスマホなどで今すぐにでも試合の結果が出るのになぜそこに至るまでの経過を人は見ようと思っているのかが不思議で仕方がありません。
おまけに試合自体が2時間から3時間などと長い時間やっていると疲れるはずなのになぜか盛り上がっているところはさらに理解できません。
スポーツ全般的に動きや試合の流れが単調で面白みが無いのにすぐに試合結果をニュースにする意味も理解に苦しみます。
もっと言ってしまえば、オリンピックは四年に一度行う必要がまずないなと思っています。
そうこうしている間に選手も歳を重ねてしまううえに夏に主に開催してしかも8月の下旬くらいまで続けて何がいいのかもっと苦しみます。
スポーツを観戦しておいて選手の誰かがヘマをした場合にはヤジを飛ばして文句を言う人もいます。
純粋にスポーツを楽しめばいいのになぜあんなに必死にヤジを飛ばしたり同じ国や地域のチームに過度に肩入れするのかもはっきり言ってそこまで情熱的になるほどのものなのかとつくづく思ってしまうところが大人になった今でも納得のいかないところです。